うつ病の接し方〜うつの対応 Top >  うつでつらいとき >  認知療法を自力で試みる

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する→ プチ認知療法

認知療法を自力で試みる

うつ病は、もともとお薬の効果が高い病気です。
でも、実際には多くの方が
お薬は使いたくない
薬に頼ることはしたくない!とおっしゃいます・・・

もちろん重症の方などは
ぜひお薬を使った方が
早く良くなるのではないかと思われます。


それでも。

まだ軽い状態の方
病院に行くのは迷う・・・という方には
いくつか自己防衛の手段があるでしょう。

一つ目はうつの治療としても発達してきている
認知療法。

ただし、コレを自己流でやるのは大変です。
書籍なども出ていて、自分でもいくつかやってみましたが
これを弱っているときに一人でやるのは大変だな、
という感想を持ちました。


そんな折り、この下園先生という方の認知療法のDVDセミナーを見つけました。


下園壮太のプチ認知療法


下園壮太先生という心理カウンセラーの先生のセミナーですが
書籍を何冊か買うよりは
自分のものとして取り入れる部分は大きいのではないかな?
と思います。


HPから、下園先生の
上手に頑張ろうよ、という
メッセージを動画で見ることができます。


下園壮太のプチ認知療法

認知療法を自力で試みる | うつでつらいとき | |

うつ病の接し方〜うつの対応 Top >  うつでつらいとき > 認知療法を自力で試みる

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート有)
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート有)

サイト内検索


人気blogランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

  • seo
SEO

うつ病

うつ病は、今ではいろいろなところで目にするようになってきました。
特に、最近では新型のうつ病だ!!とか騒がれているようですが、新型というか、以前からあったタイプのうつ病ではあると思います。いわゆるメランコリー型のうつ病とかの今までのイメージとは違う性格の方が多いので、注目されているのではないかなと思いますが・・・
昔に比べて、その方個人のうつのタイプや性格によっても、対応の仕方は異なってきているのが現状のようです。ちなみに、抑うつ病という病気は無くて、抑うつ状態はうつ状態とほとんど同じ言葉ととらえてokです。

テレビでうつ病の特集が組まれることも多くなってきました。ただ、受け取り方でいろいろなところがあるようです。もし治療中の方は、主治医とよくご相談されることをおすすめ致します。どうぞよろしくお願いします。