うつ病の接し方〜うつの対応 Top >  接し方と対応〜病院の利用法 >  うつのお年寄りへの対応

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する→ プチ認知療法

うつのお年寄りへの対応

高齢者は、退職による収入の喪失、社会的地位の喪失、配偶者との死別など、さまざまなものを失う年代です。
それらをきっかけとして、うつ病を引き起こしてしまうことがあります。

高齢者のうつ病の特徴としては
・お金の心配をする
・体に重い病気があると思いこむ
・周りの人にすまないと強く思う

などといった不安や焦燥感が強く現れます。

特に、一見痴呆症と間違えやすいので、まず専門医の診断を受けましょう。
また、薬の副作用がでやすいので、服薬後の様子には注意が必要です。

うつのお年寄りへの対応 | 接し方と対応〜病院の利用法 | |

うつ病の接し方〜うつの対応 Top >  接し方と対応〜病院の利用法 > うつのお年寄りへの対応

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート有)
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート有)

サイト内検索


人気blogランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

  • seo
SEO

うつ病

うつ病は、今ではいろいろなところで目にするようになってきました。
特に、最近では新型のうつ病だ!!とか騒がれているようですが、新型というか、以前からあったタイプのうつ病ではあると思います。いわゆるメランコリー型のうつ病とかの今までのイメージとは違う性格の方が多いので、注目されているのではないかなと思いますが・・・
昔に比べて、その方個人のうつのタイプや性格によっても、対応の仕方は異なってきているのが現状のようです。ちなみに、抑うつ病という病気は無くて、抑うつ状態はうつ状態とほとんど同じ言葉ととらえてokです。

テレビでうつ病の特集が組まれることも多くなってきました。ただ、受け取り方でいろいろなところがあるようです。もし治療中の方は、主治医とよくご相談されることをおすすめ致します。どうぞよろしくお願いします。