うつ病の接し方〜うつの対応

うつ病患者さんが10人に一人といわれる現代社会では、人ごとではありません。

医療現場で働く管理人が ぜひ押さえておいていただきたい事柄をまとめました。

うつ病の症状ってお分かりですか?眠れない、何となく調子が悪いということはありませんか。うつのチェック・診断法やうつ状態とうつ病の違い。抑うつ症状・状態・抑うつ神経症って何か。うつの治療法、カウンセリングには何があるか。など、 意外と知られていないうつについての最新の正しい知識を分かりやすくまとめました。

カウンセリング・治療を受けに行く前に、適切なうつの対処法・治療法、正しい病院の利用の仕方などを知っていると便利です。

お役に立てる知識があれば幸いです。

« 2006年03月 | Top2006年05月 »

新着情報【2006年04月】

認知療法は 抑うつ的な認知のゆがみとその感情や行動の関係に気づいて それを検証し...

マタニティブルーについて。

微笑みうつ病という概念。

うつ病における妄想について。

具体的には、トリプルカラム法などを用います。 パターン脱却法 ?@うつ的思考パタ...

〈認知療法の適応〉 ・軽中等度の単極型のうつ病(躁うつ病は適応外) ・遷延性のう...

男性の場合の最も簡単なうつの判断基準

冬季うつ・季節性うつ病について。

非定型うつ病について。

躁うつ病について。

メランコリー親和型性格について。

更年期のうつ病について。

軽症うつについて。

老人性痴呆について。

抑うつ症状について。

うつ病で、気分の変調などがあまり感じられず、主に感じる不調が身体的な痛みだったり...

自傷行為について。

抑うつ神経症について。

出産後のうつ病について。

職場の配置転換の際など、うつを引き起こすことがあります。

家族構成の変化によってもうつはおこります。

病気や怪我で引き起こされるうつがあります。

心理的負担が急激に増えたり、減ったりといったときにうつ状態を引き起こすことがあります。

妊娠・出産のあとにうつ状態となることがよくあります。

住まいに関する変化は、うつ状態の引き金となりえます。

喪失体験は、うつの引き金になりえます。

心因性のうつについて。

外因性のうつについて。

内因性のうつについて。

うつ病でも、緊急に医療機関を受診した方がいい状況があります。

うつ病のとき、周りの方が精神科の受診を勧める場合におさえておいた方がいいポイント。

うつがひどいとき。気をつけなければいけないこと。

うつ状態を示す疾患は多様です。

軽うつ病についての簡単な解説

うつの引き金となりうる生活イベントについて。

うつの症状の概要。

うつ病の判断基準。女性の場合。

うつ病が治るときにたどる経過の簡単な解説。

うつ病の治療で用いられる薬物について。

薬物療法を受ける場合の注意点を挙げます。 ?@状態によって異なってきますが 症状...

うつ病のカウンセリングとして考えられるのは 基本的に精神科医からうけられるカウン...


病気の対応

うつになる人は多いと聞いていても いざ、自分が。いざ、家族が。 かかったかもしれない?とはなかなか認められないことかもしれません。 でも、本サイトをお読みいただいて うつは治らない病気ではないし 珍しい病気でもないし きちんとした対処が必要なんだということが お分かりいただけると幸いです。

なにかしらのお役に立てることを願って。

【thanks】 人気blogランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】




  • seo