うつ病の接し方〜うつの対応 Top >  うつの治療・予防法

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する→ プチ認知療法

うつの治療・予防法

運動療法

運動療法は
最近研究が進み
その有効性が認められてきている
治療の一つです。


もちろん今までも
通院していらっしゃる場合など
主治医から
運動やウォーキングなど
勧められた方は多いと思います。


今ではそこからまた進んで
運動療法というものが確立されつつあります。
ただ、やり方等
まだ研究段階なのが現状で
各地の医療機関での取り組みなど
論文がぽつぽつ出てきている印象です。

早くしっかりと確立されて
取り入れられるようになると良いですね。

運動療法 | うつの治療・予防法 | |

認知療法を自力で試みる

うつ病は、もともとお薬の効果が高い病気です。
でも、実際には多くの方が
お薬は使いたくない
薬に頼ることはしたくない!とおっしゃいます・・・

もちろん重症の方などは
ぜひお薬を使った方が
早く良くなるのではないかと思われます。


それでも。

まだ軽い状態の方
病院に行くのは迷う・・・という方には
いくつか自己防衛の手段があるでしょう。

一つ目はうつの治療としても発達してきている
認知療法。

ただし、コレを自己流でやるのは大変です。
書籍なども出ていて、自分でもいくつかやってみましたが
これを弱っているときに一人でやるのは大変だな、
という感想を持ちました。


そんな折り、この下園先生という方の認知療法のDVDセミナーを見つけました。


下園壮太のプチ認知療法


下園壮太先生という心理カウンセラーの先生のセミナーですが
書籍を何冊か買うよりは
自分のものとして取り入れる部分は大きいのではないかな?
と思います。


HPから、下園先生の
上手に頑張ろうよ、という
メッセージを動画で見ることができます。


下園壮太のプチ認知療法

認知療法を自力で試みる | うつの治療・予防法 | |

うつ病の予防

うつ病の予防を心がけましょう。

○自分自身を知る
  自分の性格をよく把握し、無理をしないように心がけましょう

○ゆとりある生活を
 柔軟で、必要以上に秩序にしばられないゆとりのある生活を心がけましょう

○優先順位をつける
 「あれもこれも」ではなく、優先順位をつけ、大切なことから処理しましょう。

○自分だけで抱え込まない
 他人に任せられることは任せて、意識的に自分の負担を軽くしましょう。

○生活上の変化に注意しましょう
 生活上の大きな変化があったときには要注意です。疲れをためないよう、十分な安静と休養を心がけましょう。

○他人の目を意識しすぎない
 他人の評価ばかりを気にせずに自分の行動をとりましょう。他人の目より、自分自身の生活を大切にしましょう。

うつ病の予防 | うつの治療・予防法 | |

うつ病の治療について

うつ病は、適切な治療を続ければ克服できる病気です。

ですが、治ったと思って自己判断で治療を中断してしまうと再燃・再発する恐れがあります。

医師の指示に従って根気よく治療を続けましょう!

治療は「薬物療法」と「精神療法」が中心となります。
それから十分な「休養」も大切です。

うつ病の治療について | うつの治療・予防法 | |

急性期治療中に気をつける大事なポイント

うつのときは 生きるためのエネルギーを補充することが必要です!
治療を行う上で 大事なポイントをおさえてください。


@治療すべき不調であって なまけや気のゆるみではありません。

Aできれば できるだけ早く心の休息をとりましょう。

B必ず治る病気です。
 治療期間は短くても3ヶ月、平均6ヶ月はかかります。

C治りかけが危険です。治療の間、自己破壊的な行為(例えば自殺企図など)
をしないことを約束してください。

D症状の揺り戻しは必ずきますが、あまり心配しないでください。

E治療終了まで、人生に関わる大事な決断はしないでください。

F自己判断で薬をやめないでください。

急性期治療中に気をつける大事なポイント | うつの治療・予防法 | |

うつ病の治療経過

うつ病の治療経過は三寒四温と例えられます。


うつ症状はなだらかに良くなるわけではなく

必ずといって良いほど

揺り戻し、とも呼ばれていますが

一時的に少し悪くなることもみられます。


また、すべての症状が揃って良くなるわけではなく

イライラや不安焦燥感、抑うつ気分、おっくう感は

経過によって一つずつ消えていきます。

慢性に経過すると、おっくう感が残ることがあります。

うつ病の治療経過 | うつの治療・予防法 | |

うつ病の薬物療法

お薬の種類としては

抗うつ剤、抗不安薬、睡眠導入剤などを主に使います。

最近では、副作用の少ない新しいタイプの抗うつ剤が次々と
開発されてきており、承認されています。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)というお薬などです。
従来の抗うつ薬に比べて、効果は同等で不快な副作用が少ないのが特徴です。
また、依存はありません。


お薬は、気休めではありません。

作用する部位は、よく研究されてきていますし
高い効果が実証されています。


効果と副作用を医師などに質問し、よく理解された上で使用してください。

うつ病の薬物療法 | うつの治療・予防法 | |

薬物療法での注意点

薬物療法を受ける場合の注意点を挙げます。

@状態によって異なってきますが
症状がよくなってからも少なくとも3ヶ月間は服用し続けることが大切です。

A気になることは何でも主治医に相談しましょう

B勝手に服用をやめたり、まとめて飲んだりしてはいけません。

薬物療法での注意点 | うつの治療・予防法 | |

うつ病のカウンセリング

うつ病のカウンセリングとして考えられるのは

基本的に精神科医からうけられるカウンセリングは精神療法ということになります。
これに関してはさまざまな流派があります。

・森田療法
・ロゴセラピー
・内観療法
・認知療法

などです。

うつ病のカウンセリング | うつの治療・予防法 | |

うつ病のその他の療法

うつ病(気分障害)は、脳の物質が欠乏しているから引き起こされる。

というだけではありません。

心因性の要素が強いものであったとしても
その方の性格や、生活の状況などでも左右されます。

従って、薬物療法だけで良くなるものではありません。
精神療法、家族療法、社会復帰療法などが必須となります。

その他の治療法としては
・高照度光療法
・電気ショック療法
・磁気刺激療法
などがあります。

うつ病のその他の療法 | うつの治療・予防法 | |

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート有)
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート有)

サイト内検索


人気blogランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

  • seo
SEO

うつ病

うつ病は、今ではいろいろなところで目にするようになってきました。
特に、最近では新型のうつ病だ!!とか騒がれているようですが、新型というか、以前からあったタイプのうつ病ではあると思います。いわゆるメランコリー型のうつ病とかの今までのイメージとは違う性格の方が多いので、注目されているのではないかなと思いますが・・・
昔に比べて、その方個人のうつのタイプや性格によっても、対応の仕方は異なってきているのが現状のようです。ちなみに、抑うつ病という病気は無くて、抑うつ状態はうつ状態とほとんど同じ言葉ととらえてokです。

テレビでうつ病の特集が組まれることも多くなってきました。ただ、受け取り方でいろいろなところがあるようです。もし治療中の方は、主治医とよくご相談されることをおすすめ致します。どうぞよろしくお願いします。