うつ病の接し方〜うつの対応 Top >  うつの症状・状態

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する→ プチ認知療法

うつの症状・状態

うつ病で見られやすい症状

うつ病で見られやすい症状を挙げてみます。

@気分の低下に伴うもの
 ・もの悲しい
 ・落ち着かない
 ・不安感やイライラがでる
 ・絶望的になる
 ・ゆううつ
 ・気分が沈む
 ・劣等感に悩む
 ・悲観的になる
 ・自殺したくなる

A意欲の低下にともなうもの
 ・何事にも意欲が湧かない
 ・考えがまとまらない
 ・決断力に乏しくなる
 ・うちに閉じこもる

B生命職の低下
 ・睡眠障害・食欲不振
 ・疲れやすい
 ・体重減少

うつ病で見られやすい症状 | うつの症状・状態 | |

うつの症状

うつ病の基準はいくつかありますが
ここでは、ご家庭でも分かりやすいように、簡単にご説明します。

うつの基本症状でよく知られているものとしては
「ゆううつ」「不安」「おっくう感」
「眠れない、食べられない、性欲がない」

などがあるでしょう。

一言で表すなら
「生命エネルギーの減退」=生きていくために必要な力が、落ちて減っているイメージです。

エネルギーが減っているので、すべての作業に支障が生じてきます。

そして、これらの症状は朝がひどく、夕方にかけて改善する日内変動が見られることがあります。その場合、「なまけ病」というレッテルを貼られてしまったりすることがあります。周囲の見方もそうですが、ご自身でもそう思い込んでしまうこともありますから、注意が必要です。

うつの症状はこのように一日のうちで変動したり、また、季節、例えば冬になると悪くなったり、女性であれば月経周期と関係したりと、変動が見られるのが特徴です。良くなったり悪くなったりするのが普通ですから、症状の変化に振り回されないように気をつけなくてはなりません。

うつの症状 | うつの症状・状態 | |

(1)「否定的なものの見方」

うつの特徴的な変化として
「否定的なものの見方」をするようになります。

何をしても楽しめない。面白くない。興味がなくなった。
うまくいかないのは自分のせいだと、何にしても自分を責めるようになります。

これがひどくなると、自分の存在を否定してしまいます。「職場には自分はいらない」「家族に自分は必要じゃない」「こんなに苦しい状況から逃れるには死ぬしかない」・・・辞職や離婚へ発展してしまうことすらあるのです。

また、その考えが極端になると妄想に発展します。

(1)「否定的なものの見方」 | うつの症状・状態 | |

(2)原因不明の身体症状

うつ状態では 原因のハッキリしない疲労感や腹痛、頭痛などの身体症状がでることもあります。

多いのは、一般的な疲れやすさ、頭痛、手のしびれ、寒気、異常な汗、などが挙げられます。

このような身体症状だけが主に自覚される場合は『仮面うつ病』という言葉で表現されることもあります。

(2)原因不明の身体症状 | うつの症状・状態 | |

(3)「ゆううつ」感

うつ病の「ゆううつ」感は、普段私たちが感じることのある「ゆううつ」とは、明らかに異なった、非常に苦しい体験です。症状がひどければ、不安・イライラ感が一緒になって、発作的に自殺の衝動に駆られてしまうことまであります。

くれぐれも、「自分の時はこうやって頑張って乗り切った」的な体験談や精神論を持ち出して話すのはやめてください。うつの方をますます追いつめることになります。

励まし、気分転換に強引に誘うことなどは 決してしないでくださいね!

(3)「ゆううつ」感 | うつの症状・状態 | |

(4)不眠・食欲不振

睡眠障害は、およそ9割以上の方に見られる非常に多い症状です。特に、途中で何度も目が覚める(中途覚醒)、朝早く目が覚めてしまう(早朝覚醒)のパターンが多いです。

また、食欲に関しても、無理して量を摂っている方もいますので、分かりやすいのは「好きなものを食べたとき、いつも通り美味しいと感じるかどうか」が うつ状態の食欲低下の鑑別点と考えていただくとわかりやすくなります。

(4)不眠・食欲不振 | うつの症状・状態 | |

うつ病の身体の症状

うつ病の身体の症状として、睡眠と食欲の障害の他に次のようなものが挙げられます。

○だるい、なんにもやりたくない・・・
ほとんど体を動かしていないのにひどく疲れたり、からだが重く感じられます。
服を着るなどといった日常の何気ない動作も、なかなかこなせなくなります。

○理由が分からず体の調子が悪い・・・
頭痛、腰痛、腹痛といた症状が現れます。
うつ病が原因の痛みに関しては、市販の鎮痛剤の効果はほとんどありません。
そのほか下痢や便秘、胃のむかつき、めまい、しびれなどさまざまなからだの症状がでることがあります。

うつ病の身体の症状 | うつの症状・状態 | |

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート有)
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート有)

サイト内検索


人気blogランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

  • seo
SEO

うつ病

うつ病は、今ではいろいろなところで目にするようになってきました。
特に、最近では新型のうつ病だ!!とか騒がれているようですが、新型というか、以前からあったタイプのうつ病ではあると思います。いわゆるメランコリー型のうつ病とかの今までのイメージとは違う性格の方が多いので、注目されているのではないかなと思いますが・・・
昔に比べて、その方個人のうつのタイプや性格によっても、対応の仕方は異なってきているのが現状のようです。ちなみに、抑うつ病という病気は無くて、抑うつ状態はうつ状態とほとんど同じ言葉ととらえてokです。

テレビでうつ病の特集が組まれることも多くなってきました。ただ、受け取り方でいろいろなところがあるようです。もし治療中の方は、主治医とよくご相談されることをおすすめ致します。どうぞよろしくお願いします。