うつ病の接し方〜うつの対応 Top >  接し方と対応〜病院の利用法

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する→ プチ認知療法

接し方と対応〜病院の利用法

何科にかかればよいのか?

うつ病を治療できる医療機関は精神科、心療内科などです。

厳密な専門は精神科です。
身体症状が強く現れている場合には診療内科でも受診できます。

神経内科は神経の病気が専門なので、うつ病の専門とは違いますのでご注意下さい。

○精神科(神経科、精神神経科、メンタルクリニックなど)
精神科は精神の病気、つまり心の病気が専門です。
意識・思考・判断・記憶などの精神機能に障害がみられる症状が対象となります。
うつ病、神経症、統合失調症などが専門になります。

○心療内科
からだの不調の原因が心理的な問題(悩みやストレス)からおこっている「心身症」の診断や治療が専門です。


うつ病の接し方を知るには、かかっている病院へ一緒に受診して、医師などに接し方を尋ねてみるというのも一つの手になります。一般的な接し方はもちろんですが、個々に対しての接し方などのアドバイスも受けられるでしょう。

何科にかかればよいのか? | 接し方と対応〜病院の利用法 | |

うつ病の家族の接し方

うつ病の患者さんがご家族にいらっしゃる場合
接し方や対応に気をつけるべき点をまとめました。

接し方T:自殺をしないかよく注意していること

 これは非常に大事なうつ病の接し方の注意点です。
死にたいという願望は、うつ病の人によくある症状です。
 特に、治りかけの時に最も注意が必要です。
 症状が悪化しているときは、死ぬ気力すらありませんが、活動エネルギーが上昇してくると自殺という行為に向けられる恐れがあります。

接し方U:気晴らしに誘ったり、励ましたりしない

うつ病の接し方で一番間違いが多いのがこの気晴らしへの誘いや励ましです。気分転換のためにと、スポーツに誘ったり、旅行や外出に連れ出したり、という接し方は避けましょう。それがうつ病の人にとってはかえって苦痛となることが多いです。


接し方V:怠けているのではなく、心の病気であることを認識する

うつ病の人は、一生懸命頑張っているのですが動くことができません。この点も接し方においては注意しなければいけない点です。そのような状態の時に、頑張れと励ますような接し方をすることは、うつ病の人をますます追い込むこととなり、危険です。


接し方W:必ず治るので、焦らないこと

うつ病の経過は波があります。また、ある程度の時間も必要です。
変化が見えなくても、きちんとした治療を受けていれば、必ず回復できる病気です。
焦って治り方を気にしすぎてその都度確認するような接し方をしたり、一喜一憂することは患者さんを追いつめるだけです。


接し方X:服薬したかどうかチェックする

 症状がよくなったり、薬の副作用に対する不安から、自己判断で薬の服用をやめてしまう人があります。これはうつ病の回復を遅らせるだけですから、薬の服用を続けるように周囲の人もサポートしてください。スムーズに服薬を続けられるように接し方を工夫してみましょう。


接し方Y:負担を取り除きできるだけ協力する

うつ病の人は、真面目で責任感が強いタイプが多いです。
病状が悪くても、無理して家事手伝いなどをしようとすることがあります。
ご家族がなるべく家事を手伝い、本人の負担を減らすなどの接し方を行うことが重要です。


接し方Z:通院に付き添い、受診に同席しましょう

 医師により多くの情報を正確に伝えるために、できるだけ受診に同席して下さい。
また、医師の説明をうつ病の人と一緒に受けることでうつ病への理解が深まります。治療の段階において、望ましいうつ病の接し方は少し変化していくことが多いです。一回だけではなく、ときどき一緒に受けていただけると良いでしょう。


接し方\:考えや決断の手助けをしましょう

 うつ病の人は、なかなか決断ができなくなります。
例えば日常生活において、「何を着るか」「料理の献立は何にするか」などといったことも優柔不断になりがちです。できるところは、なるべくこちらから提案するように心がける接し方が必要です。

うつ病の家族の接し方 | 接し方と対応〜病院の利用法 | |

うつのお年寄りへの対応

高齢者は、退職による収入の喪失、社会的地位の喪失、配偶者との死別など、さまざまなものを失う年代です。
それらをきっかけとして、うつ病を引き起こしてしまうことがあります。

高齢者のうつ病の特徴としては
・お金の心配をする
・体に重い病気があると思いこむ
・周りの人にすまないと強く思う

などといった不安や焦燥感が強く現れます。

特に、一見痴呆症と間違えやすいので、まず専門医の診断を受けましょう。
また、薬の副作用がでやすいので、服薬後の様子には注意が必要です。

うつのお年寄りへの対応 | 接し方と対応〜病院の利用法 | |

うつの中で緊急性が高い場合

うつ病のとき 早急に 医療機関の受診が望ましい場合がありますので、以下に掲げました。

自殺について、深刻に悩んでいる。または、自殺を計画、あるいは未遂をした。

現実離れした思いこみをしており、周りがいくら説得しても聞き入れない。(妄想)

※うつの3大妄想というものがあります。@貧乏になってしまった(貧困妄想)Aとんでもない病気になってしまった(疾病妄想)B罪を犯してしまった(罪業妄想)
これらは、周りからみればなんの根拠もありませんが、説得してその思いこみをただすことはできません。

躁状態になった
うつ病の方で、まれに躁状態(気分が高揚して怒りっぽくなったり、高価な買い物をしたり、様々な欲動が亢進した状態です)が起きてくる方がいます。

うつの中で緊急性が高い場合 | 接し方と対応〜病院の利用法 | |

周りの方が精神科の受診を勧める場合

一番大事なことは、うつの方が否定的なものの見方をしていることを念頭に置いて対応していただくことです。

うつの症状として、自分のことや、自分の周りの環境を悲観的に考えてしまっている結果でてくる言葉に、周りの方が同調したり、巻き込まれないでください。


比較的、受診を受け入れやすい表現があります。

それは、身体症状をターゲットにするものです。

「眠れない」→「眠れないのは困るだろうから、眠れるようにお薬をもらってみよう」

という表現です。

不眠はほとんどのうつ病の方に見られる症状です。まず他の方に受診をおすすめするときは、この表現を使ってみてください。それから、不眠の専門は精神科ですから、この点でも精神科受診を勧める根拠になります。

あるいは 心療内科を受診されてもよいかと思います。

周りの方が精神科の受診を勧める場合 | 接し方と対応〜病院の利用法 | |

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート有)
自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(サポート有)

サイト内検索


人気blogランキングへ
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

  • seo
SEO

うつ病

うつ病は、今ではいろいろなところで目にするようになってきました。
特に、最近では新型のうつ病だ!!とか騒がれているようですが、新型というか、以前からあったタイプのうつ病ではあると思います。いわゆるメランコリー型のうつ病とかの今までのイメージとは違う性格の方が多いので、注目されているのではないかなと思いますが・・・
昔に比べて、その方個人のうつのタイプや性格によっても、対応の仕方は異なってきているのが現状のようです。ちなみに、抑うつ病という病気は無くて、抑うつ状態はうつ状態とほとんど同じ言葉ととらえてokです。

テレビでうつ病の特集が組まれることも多くなってきました。ただ、受け取り方でいろいろなところがあるようです。もし治療中の方は、主治医とよくご相談されることをおすすめ致します。どうぞよろしくお願いします。